シュール手芸作家・ころとろのblog

シュールな手芸をたくさんつくる。ころとろがつらつらと思ったことを書いているブログですよ

楽しく生きて、いずれ死ぬこと、の話

こんにちは、ころとろです。お元気ですか?

この記事は内田勉さん主催のブログリレー、#新型コロナ時代のシェアハウスの9日目の記事になります。

d-t-v.com

 

 

さて、私は先日夫との別居を機に、ときさば系シェアハウスの一つ、EngineMakerに引っ越しました。

コロナウィルス禍に対しての緊急事態宣言の直前くらいのタイミングでしたね。

ちなみに今ももちろん別居が続いてますが、6/9現在、まだ離婚は成立していません。いざとなると結構時間のかかることなんですね、離婚って。

 

いやー3ヵ月前を振り返るに、こんなことになるとは思ってもいなかったよー世の中にしても自分のプライベートにしても!って感じなのですが、今はなかなか楽しく暮らしているので、結果良いことだと自分では思ってます。

 EngineMakerで楽しく暮らしている

 せっかくなので、楽しく暮らしていた様子を振り返りますね。

青空を背にした三密上等の旗

三密上等

あっまちがえました。わざとです。ちなみに私の手作り旗です、すごいでしょ。

 

5月GWから6月にかけて、屋上にふらふら出ても過ごせる暖かい気候だったり、シェアハウス内一部で料理ブームが起きたり、テレワークの急激な普及が進んで家にいる人数が増えたり、などの複雑な要因が絡み合った結果、休みの日ごとにみんなでおいしいものを食べたりAmazonプライムで映画を見たりしてました。なんだこのリア充ぶり。

 

エヴァを屋上で見ているひとたち

屋上でエヴァを見たり

カンパチのお刺身

カンパチを丸一匹買って得意なひとに捌いてもらい、10人くらいで食べたり 非常にうまかった

アップルパイ

お菓子を焼いたり

チャーハンとかの料理

餃子ラーメン唐揚げチャーハンという大変クレバーな献立のごはんを食べたり

 

パエリア

パエリアをホットプレートで焼いたり

コーヒーと青空

屋上でコーヒー飲んで朝食を食べたり

こんな感じに楽しく過ごしていました。というか食べてばっかり!すごいですね。

 コロナウィルスと世の中について

ところで、私はなかなか変化についていけない人間なので、世の中が急にウィズコロナ、アフターコロナに当然のようにシフトしていくことについていけず、思い切り斜めから見ています。

 

私は周りの人でも、知らない人でも、他人の生き死にには元々あまり興味もないし、加えて自分についてはいつ死んでも仕方ないと思っているので、パンデミック予防は実のところどうでもいいです。

いつだって楽しく生きていたいけれど、来る時が来たら死ぬのは当然のことです。

どんな風に生きたとしても、いずれ誰でも死にますし。

 

例えば最近では、現状でシェアハウスに住んでいること自体が常識的にあり得ないと非難されることもありました。

世の中の自粛ムードに素直に従って、そうしていない人を見ると気に食わないと思う方もそれは存在するのでしょう。

が、自身がそう思うからといって、他人の行動を制限したり変えたりしようとすることこそ、本当に非常識で恥ずべき行いだと私は思ってます。

自身が思い行動することと、他人が思い行動することは本来、まったく違って当たり前だし、干渉しようとするべきではないと考えます。

 

なので、病気にかかるのを防ぐこと、ひいては人に病気を移す可能性を避ける努力をすることがめちゃくちゃ強調されて、互いに監視っぽくなってる世の中に正直うんざりしてます。

そんなに自分が死んだり、他人や自分の撒いたウィルスで人が死ぬのが嫌ですか?

そうだとしても、そのために自分以外の他人の行動を変えさせることは、本当に必要ですか?

 

さらに言い換えると、世の人々がこれまで「自身が死ぬこと」「誰かが原因となり他の誰かが死ぬこと」について、まず起こり得ない、避けられることだとどうして思っていたのかをめちゃくちゃ不思議に思ってます。

何十年か生きてれば、他人を踏みつけにしたり踏みつけられたり、うっかり結果的に死なせたり死んだり、そういうことって自分や周囲によく起こってません?

たとえその後、うっかり感傷に浸ったとしても一時的なものだと思います。

 

まあ実際、私は人間関係のもめごとや社会での無用な摩擦はもちろん避けたいチキンなので(そうは見えないかもしれないですがそうなのです!)周囲に倣って外出の時にマスクをしてみたりお店に入る前にアルコール消毒をしてみせたりはします。元来興味がないので時々忘れてますがね。生きていくには、社会や周りの雰囲気への適応は大事ですね。


終わりのあいさつと明日の担当について

なんだか後半はシェアハウスはあんまり関係ない話になってしまいましたが、この辺で終わりにしたいと思います。

 

楽しく生きて、そしていずれ死にましょう。

大丈夫、みんな行き着くところは同じです。


明日6/10はさとうみくるさんが担当のとのことです。お楽しみに!

note.com

razokulover氏と離婚することにした

どうも、ころとろ(@korotoro)です。

少し暗く、長いブログになると思いますがよろしくお願いいたします。何がよろしくなんだかですね。

 

表題の通り、razokulover氏との6年ちょっとの結婚生活を残念ですが終了し、離婚することとなりました。

もう私は家を出て別居してて、提出する離婚届の証人欄に署名してくれる2名の心優しい方を探している段階です。

 

さて離婚原因、気になると思うので書いておきますね。後続が出ないためにも、今順調に結婚生活を送っている方にも少し読んでもらえるといいかなと思います。

 

私はもともと、「自分が犠牲になって、我慢して、全体の物事がうまくいく」というのがとてもとても素晴らしいことだと考えていました。まあ生育環境とかがそれを是とする環境だったので、36歳になっても自己犠牲万歳の価値観で生きてきました。

 

結婚生活について、問題が発生したときにこの価値観が功を奏しました。

同棲して1年くらい経ったのち、よくあることかもしれませんがセックスレス問題が発生しました。最初の1回くらいはまともに話し合い、私の体形に問題があるからという結論になったことを覚えてます。ちなみに私は巨乳(現在Hカップ)ですがデブです。すいませんね。

 

その後も何回か話し合おうとはしましたが、話題が出る度にrazokulover氏は「セックスレスについて話すのは耐えられない、今この話をするつもりなら離婚する」と言うので私は口を噤んできました。結果何の解決策も(病院に行くとか、何かの努力をするとか、いっそ肉体関係を外注するとか、オープンマリッジとして公正証書を作り互いに別の恋人を作るとか)取られず、話をすることがタブーになったまま6年が過ぎました。セックスレスについては話題に触れず、考えることをせず、私が我慢して楽しい結婚生活が維持できる、これは素晴らしいことでした。

 

親戚づきあいについても同様です。

私の側の親族は、控えめに言ってアクの強い人が多く、かつ付き合いが密な人が多いです。血のつながりのある私ですら時々耐えられないことがあります。

razokulover氏の側の親族は穏やかな人達で、親戚付き合い自体も比較的疎遠なようでした。

同棲、恋人のレベルであれば互いに気にしなくていいことだと思いますが、結婚するとそうはいきません。

最初の数回は親戚付き合いにrazokulover氏も顔を出してくれましたが、2年目ほどでついにもう私の側の親族とは会いたくないと宣言されました。気持ちは分かりますし、仕方ないことです。

もちろん、親族からの会いたいとのリクエストとの板挟みになって言い訳をするのは私です。まあ、私が我慢をすれば上手く行くなら、素晴らしいことですね。

 

御年93歳、まあ順当に行けば数年以内に亡くなりそうな祖母が私の側の親戚にいるのですが、今後想定される葬儀にも、razokulover氏は出席したくないと言いました。そんな意味のない、よく知らない老婆の葬式に出席しなければならないなら、いっそ離婚したいと。

この場合、話を受け入れて、そこまで嫌がっているのならと、出席しなくていいと言うのが順当な大人で妻のつとめなのでしょう。よくわかります。

もちろん、血のつながった祖母を亡くして悲しんでいるであろう時に、当日葬儀場で周囲の親族に夫の欠席について言い訳をするのは私です。これはつらい。

さすがにこの件については、私は何もフォローをしたくないことを明確に宣言し、渋々ですが出席をする覚悟を決めたようでしたが、時々その話題になるとrazokulover氏は行きたくないと話し続けました。面倒くさいと。その文句を私は黙って受け止めて宥めました。

 

こういった形で数々問題はあれど、これまで、1人で事態を我慢してすべてを物わかりよく飲み込むことで結婚生活がうまく行くなら、それはとても良いことだと私は本当に思っていました。実際、毎日はとても、とても楽しかったです。

3週間前までは。

 

今から3週間前、私はこういった我慢について、突然全部馬鹿らしくなって、もうやりたくないと思うようになりました。

いわゆる価値観の変化、心変わりです。

魔が差したのかもしれません。3週間経っても未だ差しっぱなしですけど。

 

その時、セックスレス問題について改めて夫婦2人で考えてみることを提案して、せめて目下のこの問題だけでもケリをつけようと考えました。

しばらく様子をみることもできはしましたが、様子をみることは何もしないことと同じ、そして何もしないことは事態を悪化させこそすれ改善させはしないというのが私の考えです。

 

話し合いをしたいとrazokulover氏に提案して快諾され、下記のアジェンダ一覧を事前共有して話し合いを開始しました。

 

話し合いしたい(時間は1hまで


そもそもセックスレスが問題でもう結婚が続けられないと私は思ってるけど、<本名のため削除>はそれに向き合う気はあるか

▶️なければ今すぐ離婚か、とりあえず3ヶ月別居しよう

▶️あればどの程度何ならできるか話す 頻度とか深度とか

▶️あるいはもしも、互いに他の人と寝るのはオッケーなのか問題(公正証書化する)


⚫書きながらお話すすめる、記録に残す


⚫そもそも私の性的指向について言ったことあるっけ?知ってる?

 

まず認識を合わせてから話し合いをしたかったので、最初にセックスレス問題に向き合う気があるかどうかを聞きましたが、結果razokulover氏から返ってきた返答としては、この問題に向き合うくらいなら今すぐ離婚したいとのことでした。

オープンマリッジ等の可能性も軽く提案しましたが、そこまで面倒なことをするなら離婚の方がいいとのことでした。

 

多少くらっときました、そもそもこれでは話し合いは成立してない気もしますが、仕方ありません。納得しています。離婚が決まりました。

 

そういうことでその晩に最低限の荷物をまとめて、翌日私はとりあえず家を出た、といった次第です。

やっぱり情というか、慣れた環境からの変化には戸惑うし、寂しいことも多いけど、やっと比較的安定してきたかなというところです。

 

ここまで自分で書いていていよいよ明らかなのですが、私自身はセックスレス問題のみが原因で離婚が決まったとは思っていないです。

そもそも、夫婦での問題解決について、同じ目線で話ができない状態では、結婚生活はとても耐えられません。

それに何より、私が我慢すれば大半が上手く行くという美徳には、何故か、もううんざりです。

まあ、3週間前までの私はその我慢をむしろ進んでやっていた訳ですし、今回の離婚の件は私の心変わりが原因、といったところかと思います。なんでかなあ。

まあ、変わっちゃったんですよね。仕方ないです。

 

過ぎた結婚生活は楽しい思い出ばかりですが、思い出は特に形が変わらないから良いものですね。不定形の未来と違って非常に安定しています。結婚して本当に良かったと思います。

周囲の方達に色々な形で祝福を頂いたり、支えられていたことにも、とても感謝しています。

 

私から言える教訓としては、自分の心変わりや価値観の変化には注意してくださいということです。

よく、「他人と過去は変えられないけど、未来と自分は変えられる」などといいますが、それは時として予想もできない方向に突然変わってしまう、ということでもあると思います。

ちょうど明日で年度も変わるしね。みんな気を付けてください。

 

なお、私が性的な話をしたからと言って、ないと思いますけどDMやリプライでセックスのお誘いをしてくるのは止めてくださいね。即、アカウント名ごとメッセージ全文をブログで晒します。

 

もちろん、普通にお茶やご飯や遊びのお誘いは大歓迎です。当分は千駄ヶ谷と代々木の間を生活圏としていますが、山手線沿線などならひょいひょい出かけていけると思います。お気軽に声をかけて頂けると嬉しいです。

 

おそらく当分は仕事をがんばったり制作をがんばったり、すこし不安定ながらも気をそらしつつ過ごすことになると思います。頼りないと思いますが応援していただけると幸いです。

 

今の仕事で担当しているサービス

www.hanaravi.jp

自宅でできるマウスピース歯科矯正を提供しています。

サービス開始したばかりですが頑張っています。

歯科矯正を諦めていた身近の方にも勧めてみてください。

 

副業もできる状態なので、個人としても、何かできるお仕事があればお受けしたいと思います。

WEBデザイン・コーディング、たのしい工作や手芸を得意としています。

ころとろ公式ページ │ たのしい工作、たのしい手芸

 

ということで、お仕事のお話、叱咤激励、応援、飲みのお誘い、などなど何かありましたらリプライでもコメントでもDMでも。内容によってはお返しできるかわかりませんがちゃんと読みます。

それでは。

感熱紙に印刷できるデジカメ買って写真撮影がたのしい、の話

あけましておめでとう!ころとろだよ!

今日は新しくデジタルカメラを買って写真撮影がたのしい話をするよ。

どんなカメラを買ったか

以下のengagetの記事で紹介されていたのをきっかけに買った、感熱紙に印刷できるデジカメ。

japanese.engadget.com

感熱紙というとあまり普段使わない?と思うのですが、そう、レシート用紙!

800万画素で撮影した画像を、モノクロでレシート用紙に即印刷してくれる。

撮影画像のデジタルデータはカラーでマイクロSDに保存されるけど、その辺りは普通のデジタルカメラと同じ。

このカメラの面白いところは印刷機能にあると思う。

すぐに印刷されるのめちゃくちゃ楽しい。

 

AmazonやAliexpressなどで販売中で、お値段は~9000円くらい。複数個発送になるけどAliexpressの方がちょっと安いかな?

また、使用の際にはさらに32GBまでのマイクロSDカードが1枚必要。

替えのレシート用紙もAmazonで同サイズの物を買えるようなので安心。


撮れた写真

そしてこんな写真を撮った。

 

 

カメラの使い方のポイント

印刷されるのはモノクロになるので、コントラストの激しい被写体の方が見栄えはする。そうでないものを撮ると一見訳が分からない画像になるけど、まあそれも面白い!

あと、感熱紙はロール状になっているので、撮ったあとの紙もくるっと丸まりがちではある。すぐなにかに挟むか、ちっちゃい箱や袋に放り込んであとでゆっくり整頓するのがいいかも。

 

たのしいフォトライフ

私が初めてカメラを手にしたのは高校2年生の時で、いまよりずっと低画素で大きいデジタルカメラを買ってもらったんだけど、今回このデジカメを買ったらなんだか当時の感覚を思い出して、いろんなものをばしばし撮っている。

機能的にはやや制限されているんだけど、すぐ印刷されて出てくることや見返しやすいのがほんとうにたのしい。

 

ということで、感熱紙に印刷できるデジカメ、けっこうお勧めだ!

そんな感じ!

日本テレビ「スクール革命!」にちょこっと出演したよ、の話

こんにちは!ころとろです。

前回に引き続き、近頃すっかり寒いね!寒いよ!

ちょこっとテレビに出た話だよ。

 

「スクール革命!」とは、取材とは

今回、11/17(日)の日本テレビの放送に出演しました。でも、収録スタジオに行ったわけではなく、マニアフェスタvol.3に電飾花輪で出展して取材された内容での出演でした。

当日会場内でピカピカ点滅していたので結構目立ってて、それで声をかけてもらったようです。

なお、「スクール革命!」は関東では日本テレビ、ほか東北・広島・九州などのローカル局で週1回放送されているテレビ番組で、放映は10年くらい続いてるとのこと。すごい。

www.ntv.co.jp


びっくりびっくり放映の模様

出演の模様はこんな感じ!

電飾花輪をかぶった電飾花輪マニアとして登場

 深すぎるマニアの世界!

マニアの一員として異彩を放っている

 

コーナーの締めくくりに映った

今後観られるローカル局の放送予定

関東では日本テレビで11/17(日)の放送だったんだけど、ローカル局では何日か遅れの放映になるそうなので、これから見れる方は見てくれ!

放送予定は以下の通りだよ。

なお、FCT 福島中央テレビでも放送でしたが放送日は2019/11/17(土)でした。 

次はスタジオに呼ばれたい

電飾花輪、地上波デビューしたから次はスタジオに呼ばれたいな!ぜひ電飾花輪かぶってひな壇で喋りたい!何をしゃべるのか!オタク話かな…。

 

そんな感じです!

「仮想通貨奉納祭」に出展したよ、の話

こんちは!寒いね!ころとろです。

さて、先日「仮想通貨奉納祭」に出展した話をします。

「仮想通貨奉納祭」とは

アーティストの市原えつこさん主催、キャッシュレス時代の新たな奇祭です。

いや、奇祭、と言ってもよくわからん…な感じだと思うのですが、「仮想通貨奉納祭」の公式ホームぺージによると以下の説明があります。

仮 想 通 貨 奉 納 祭
令和元年、キャッシュレス時代の新たな奇祭がスタート 

2019/11/9(土)・10(日)16:00〜21:00、東京・川島商店街にて、キャッシュレス時代の新たな奇祭「仮想通貨奉納祭」を開催します。戦前より続く昔ながらの商店街を舞台に、世界中からビットコインを奉納できるサーバー神輿、バイオ御神体、天狗ロボットなど、現代解釈した神事をふんだんに取り込んだ奇祭を決行。その他、電子いけばな、電磁祭り囃子、人力で仮想通貨をマイニングするマシンなど祭りにちなんだ作品、商店街による飲食屋台も多数出展します。仮装での参加も大歓迎です。お祭りは入場無料、この一度きりの奇祭をお見逃しなく……!

オウ…一体なにが行われていたんだ…って感じですね。

なにを出展したか、当日の模様

今回ころとろは「貨幣通貨神パレード」と題して、先日作っていた札束マフラーのモデルチェンジ版や、ブロックチェーンの杖、豪華な写真撮影ブース、そして電飾花輪などなどを出展しました。この装備でお祭りで行われたサーバー神輿行列に参加しつつ、それ以外の時間はご来場のお客様にも札束マフラーや電飾花輪とともに写真を撮ってもらえる形にしました。

 

頂いたお写真では、当日の模様はこんな感じ。

f:id:korotoro:20191110185127j:plain

サーバー神輿行列、左側に貨幣通貨神がいる

f:id:korotoro:20191110185414j:plain

ブロックチェーン杖(ブロック+チェーンでできている)を振っている

f:id:korotoro:20191110200219j:plain

貨幣通貨神展示のもよう

f:id:korotoro:20191110200232j:plain

あやしげな光の中の札束マフラー

f:id:korotoro:20191110200258j:plain

神スタッフを引き受けてくれたお友達のW氏、神のすがた

(写真:黒羽政士 / Photo: Masashi Kuroha)


そしてさらに私の携帯の写真!

ころとろの貨幣通貨神のすがた

とっぷりと夜になった出展場所

撮影をしている親子づれのお客様(あっ ぶれぶれだ…。)

ご来場のお客様の反応

以前、電飾花輪のみで出展し、単純明快な絵面もあり、ご来場のお客様にもわかりやすくご好評を頂きました。

でも、今回の「仮想通貨神」は電飾花輪に比べてやや複雑な装備(札束マフラーとかブロックチェーン杖とか写真撮影ブースとかいろいろ)になったため、分かりにくいかもな…とも思ってました。 

でもいざ展示開始してみると、なんと札束マフラーが小学生に大ウケ!!かっさらって商店街の奥に走り去る小学生もいてびっくり。

写真撮影ブースもおめでたい見た目で大好評を頂きました。

年賀状の写真に使いたいという方も複数いらっしゃり、いやーありがたやありがたや。

 

今後もおめでたくやっていきたい

すこし不安もありましたが来場のお客様からご好評を頂き、良かった良かったと胸をなでおろしております。

今後もおめでたくやっていきたいと思いましたよ。

 

そんな感じっす!

コスプレイヤー撮影のやり方とかいろいろ書いてみる、の話

こんつわ、ころとろです!コスプレイヤーさんの撮影したい!とか、やってるけどいまいちよくわからん!段取りが上手く行かない!みたいな人向け、私なりの撮影と撮影準備のポイント的なことをふと思いつき、書いてみます。結構長くなったぞ。

 

はじめに

私に関して撮影者としての自己紹介。間を空けつつ10回以上はコスプレ撮影をしたことがあります。普段は花撮ったり風景撮ったりします。でも写真の腕はぜんぜんまだまだです!
ほんとに最初は全く勝手がわからなかったし、さらに流行で変わっていくことも多く、何が絶対というルールはなかなか言いづらいのですが、最初から知ってれば良かった!って今更思ったことをまとめています。何かの助けになれば幸いです!

 

 

 

機材について

まずはおおむね必要な機材について。

一眼レフ、もしくはミラーレスのカメラ
一眼レフ所持のほうがカメラマン募集は多いですし、レンズ替えたりする撮影の楽しみの面からも一眼レフをお勧めします。私はNIKONのフルサイズ機使ってますが、コスプレイヤーさん側はよほどこだわりのある方でない限りDX機でも問題ないし、私の見聞きする範囲ではカメラメーカーを気にする方もあまり見かけないです。強いていえばCanon派の方はたまに見かけるかもしれません。まあ、カメラの細かい選び方は予算とカメラ屋さんにご相談だと思うので割愛します。

クリップオンストロボ
単体でも発光し、カメラ本体にも外付けでつけられるタイプのストロボです。2つあると大体大丈夫です。ガイドナンバーという発光の強さの値が高いもの、またよりコンパクトなものの方がいいですが、こちらもお値段とご相談で。
私のおすすめメーカーはニッシンです。

ストロボにはコンセント電源を使うタイプの大容量の種類もありますが、コスプレ撮影の場合、半野外だったり、コンセントの使えないスタジオでの撮影が多いので、乾電池で使えるクリップオンストロボを活用する方向のほうが無難です。

ストロボだけで持っててもなかなか思い通りの写真を撮るのは難しいですが、まずは光量が足りない時に天井バウンスさせて使うなど、あるとぐんと撮影の幅が広がります。またストロボアクセサリを買い足したり自作するのは撮影沼の楽しみの一つだと思います。

一眼レフの場合、交換レンズ
大人数、10人以上の併せとかを撮影する場合には広角レンズがあると安心です。
シェアスタジオにせよレンタルスタジオにせよ、あんまり広くないところで大人数を撮ることが結構あります。あと広角レンズはあおり構図で足を伸ばすとかの撮り方も一応できますし。
ポートレート用とよく言われる50mm相当の単焦点レンズもあるといいです。被写体が一人(ピン、ピン写とか言われます)の時用に、F値1.8くらいまで行ける明るめの単焦点レンズが一本あると良いかと思います。F値1.4でもお財布が間に合うかたはもちろんそちらで全く問題ないかと思います。

SDメモリーカード


私はRAW記録用に64GBを一枚、JPEG記録用にWIFI転送機能付きの16GBを一枚使ってます。半日から丸一日がかり、4~6時間の撮影で使い切らないくらいのことが多いです。6時間以上の撮影の場合は複数枚用意するか、ノートPCを持参して画像ファイルを移し替えて撮るなどしたほうがいいかもしれません。

カメラの替えバッテリー
忘れがちですがカメラと一緒に1~2本買っておくと安心です。4時間以上撮ってるとなんだかんだで結構すぐ電池容量がなくなります。


次に持っていると便利な機材について。
ストロボディフューザー

通称「影とり」とよばれる、ストロボの前に着ける組み立てタイプの小さい白い板のような機材です。光をディフューズしてくれて、ストロボを使って人物を撮るときに顎の下に出るくっきりした影をぼかしてくれます。
私はカメラ内蔵ストロボ用をよく使ってます。クリップオンストロボ用もあります。とりあえず最初に買って今も頻繁に使ってる機材ですね。

スタンド

カメラ機材店で買うと結構高いのでアマゾンでも買えるような安価なスタンドセットがおすすめです。作りはややちゃちくなりますが、持ち運びが軽いし、実際クリップオンストロボをつける重さなら十分使えます。
ストロボを高い位置などに設置したいときに使います。だれかがずっと頭の上に持ってるわけにもいかないですもんね!銀と白のアンブレラが付属してるセットも多いです。まずは1セット用意しておきましょう。慣れてきたら複数欲しくなるかと思います。

カラーフィルター

ストロボ用、セロファン風のシートが多色、何種類も入ってるカラーフィルターセットがあります。ストロボ発光部分に輪ゴムやマジックテープで取りつけることで、光の色味を変えることができます。
コスプレ撮影の場合、イルミネーションっぽい光を作りこんだり、非日常っぽい光を演出して撮ることもあります。レタッチで色変えしてもいいんですが、光の色を変えればすぐ効果が目に見えるので、バリエーションの一つとして持っておくと楽しいです。

レンズ用フィルター各種
レンズフィルター、まずはレンズ保護用のプロテクターをつけておきましょう。
でないとうっかりレンズ割る事態が発生して泣けます。

他のレンズ用フィルターはいくつか試しましたが、現在私が使ってるのは以下2つだけです。
PLフィルター

コスプレイベントなどでは、ゲームセンタ―で撮る機会が意外とあります。よくPLフィルターの作例にある使い方は水面の映り込み消しですが、ゲームセンターの画面や透明プラ素材の映り込みを消すのにも重宝します。
とはいえ、ほかのフィルターよりかなりお値段高めなので最初のマストではないです。
使用しないときに比べてすごく光量が減って暗くなります。使用後撮影場所を変えるときなど、うっかり外し忘れのないようにしましょう。私は良く忘れます。

クロスフィルター

点光源を十字にできる効果のあるフィルターです。キラキラ~って感じになります。シャンデリア照明などで撮影するシチュエーションで使うと非常にレイヤーさんの受けがいいです。私はやったことないですが、夜景での撮影でも使えそうです。光源の強さに光条の長さが対応するので、イラスト効果でよくあるほど派手な画面にはなりませんし、もちろん後から画像加工で光を作ってもいいのですが、光が自然に作れる&撮ってすぐの画像確認で結構盛り上がれるので一つ持っておくのがおすすめです。
アイドルぽいキャラの撮影だと私は必ず持っていきます。

余談ですが私はプロテクター以外のレンズフィルターは持ってるレンズのなかで一番径の大きいものに合わせて1枚だけ買って、他はステップダウンリングを購入して使ってます。この辺、世のカメラマンはどうやって折り合いをつけているのか謎です。ていうか撮影の時は慌てていることも多く、左手でレンズの前に据えて使ってしまったりします。

エネループの電池

クリップオンストロボ用の単三乾電池はエネループで充電して使ったほうがエコかなと思ってそうしてます。

各種ストロボアクセサリ
私は丸い組み立て式のソフトボックスと、100均のペットボトルホルダーを改造して作ったスヌートを使ってます。
半透明のクリアファイル切ったりトレぺ下げたり、手作りでもいろいろ工夫の余地はあります。

ラジオスレーブ
カメラと、離れた位置のストロボを連動発光させるために使う道具です。ストロボに内蔵の、発光に反応する光スレーブモードのほうが反応がいい気が何となくするので、私は使える時はそっちを使ってます。
が、シェアスタジオなどで近くで複数組が撮影しているときは、周りの人のストロボ発光にも自分のストロボが反応してしまうので、そういう時のために代替手段として持ってます。
技適を通っていない中国製の製品を使うことはおすすめできません(ていうか違法)が、国内カメラメーカー製と比べてびっくりするほど値段が違います。最近はしっかり技適を通ってる中国製のラジオスレーブも徐々に登場してきていますね。

iPadなどのタブレット
Wifiで画像を転送できるSDメモリーカードや、カメラ本体のWifi転送機能とタブレットを組み合わせることで、撮影画像を大きい画面ですぐに見ることができる環境がつくれます。タブレット自体は古いものでも大丈夫です。
画像の大きさ容量により転送時間がちょっとかかる場合もありますが、スタンドタイプのタブレットカバーとかとセットで用意して、撮影画像を大きい画面でみんなで見られると、撮影がとても効率的になります。カメラの液晶画面を都度見せて回る形でももちろん画像確認はできますが、やはり画面が小さいので。

充電器一式
もしものためにカメラバッテリーの充電器、電池の充電器、ほか予備の電池とか充電コードは持っておきましょう。不測の事態はよく起こります。

さて、そもそも撮影依頼をどこで探すか

コスプレイヤーアーカイブ」に登録しよう

www.cosp.jp


コスプレイヤーアーカイブ」の「あわせ掲示板」を見たり、カメラマン募集系の「同盟」に入会して同盟内の掲示板を見てみましょう。
コスプレのカメラマン募集の傾向が大体わかると思います。
サイトの登録形式が二種類ありますが、ユーザー登録の方で大丈夫です。

ツイッター募集が最近多い
最近はツイッターで「カメラマン募集」と検索しても結構出てきます。

応募するときのメッセージの送り方、質問しておくとよいことなど
挨拶、HNを名乗って軽い自己紹介と、持参できる撮影機材(カメラのメーカー・型番、他機材一式についてなど)、カメラマン応募の旨(また、どこの書き込みを見て連絡しているか)を書いてメッセージを送ります。
また、レイヤーさんは撮影予定、募集予定を複数持っている方が多いので、私は取り違え防止のため、自分が応募する撮影予定の日付と作品名をかならず応募メッセージタイトルに入れるようにしていました。

募集の時点である程度情報が出ているかとは思いますが、撮影参加予定人数、場所、時間、場所のタイプ、レイヤーさん側が今回必ず撮っておきたい内容(原作シーンの再現がしたい、特定の撮影イメージがある、全員の集合写真が欲しいなど)についてはどこかのタイミングで当日までに聞いておいたほうがいいかと思います。

前日までの撮影準備

やりたい撮影内容について資料、イメージなどを参加のレイヤーさんから送ってもらい、合わせた機材を準備。
これはレイヤーさん側や自分に明確なイメージがある場合とない場合、また撮影の人数規模などにもよるのですが、準備のためにもわかる範囲で資料や要望はもらったほうがいいです。
広角がなくて集合写真が撮れないとか、水場での撮影など、持参機材の都合で対応できない場合もありえます。

充電ほんと大事
カメラのバッテリーとストロボの電池とタブレットの電源、全部フルにしておくのは時間がかかるので、撮影前日朝くらいには充電を始めましょう。

原作の構図、似たシチュエーションの構図や作例などを検索して撮り方を考えておく
ゲームやアニメの原作の場面を再現したい場合はその構図やポージング、光の当たり方、また同じキャラクターや同じ会場での撮影作例を検索して頭に入れ、撮影アイデアを考えておきましょう。「コスプレイヤーアーカイブ」の会場検索機能を使うと見られる過去画像がとても便利です。撮影当日その場で携帯でも検索はできますが、意外と撮影当日は慌てるし、考えることがいっぱい発生するので、できることは前日にやっておいたほうがいいです!

撮影当日のポイント

できればやや早めに会場入りしたほうがいい
着替えやメイクに時間がかかることや、待機場所の狭さなどを考慮され、お待たせしてしまうので着替え終了頃、1時間ほど後から撮影場所に来てください~と配慮してくださるレイヤーさんはとても多いです。男性カメラマンさんが相手だと特にそうかもしれません。
でも、レイヤーさんのカギのかかる着替え場所がちゃんと確保されているなど、そのあたりの事情がクリアされている場合(コスプレイベントや大規模なシェアスタジオなど)など、やや早めのタイミングで会場入りすることをお勧めします。レイヤーさんと一緒に撮影場所に行く場合など、集合場所から撮影場所に行くまでに参加メンバーとコミュニケーションをとって互いに緊張を和らげておくことも大事ですし、撮影場所についてから、カメラマンが撮影開始前にやっておくと良いことは実はとても多いです。

会場についたら、使用できるコンセントの有無を念のため確認
機材の充電の都合です。もしもの電池切れた!ってなった時に慌てないためです。
また、公園などの場所をイベント団体が借り上げて開催されるコスプレイベント、CURASやハコスタジオなどのシェアスタジオの一部ではコンセント電源が使えません。そこにないのはともかく、事情により有っても使っちゃいけないこともあります。後述しますが利用規約をよく読んでおきましょう。

撮影場所の照明、天気、光の当たり方、造作、小道具を確認
スタジオによりますが、備え付けの照明機材の有料レンタルがあったり、無料で自由に使用できることもあります。使い方のチェックや(大体設置されているのは誰でも簡単に扱える蛍光灯のソフトボックスやLED照明です)、撮影が可能な場合は色温度を見つつ撮影テスト、設定の確認をしておきましょう。ストロボの色温度設定のまま蛍光灯下で撮ったら色が不自然になりますよね。持参のストロボと一緒に使うとしてもカメラの色温度設定調整が必要です。
またスタジオに外光が入る場合、天気や時間帯による日光の当たり方の変化なども関係してきます。この辺も事前にスタジオHPなどでわかることとわからないことがありますので、現場で確認が必要です。

またスタジオスペースの造作や小道具があったり、実際撮影場所にはいろんな未知の要素があります。どう撮ったら映えるか、どういう構図がいいかといったところを待ち時間に下見しておきましょう。

理想的には照明の計画、構図の計画を待ち時間の間ににばっちり立てておいて、最初の2・3種類の構図はそこに立ってもらって撮るだけ!の状態に持ち込めるといいです。
着替えてすぐはレイヤーさんたちも結構慌てているし互いに緊張しているので、その時点である程度画面のイメージがバシッときまった写真がすぐ撮れると、できるじゃーんみたいな感じで撮影の雰囲気がよくなります。なかなかそこまで完璧に準備するのは難しいですけどね…。

大型併せの場合はタイムスケジュールを把握しておく
4人以上の撮影の場合、概ねレイヤーさん側にとりまとめ、主催の方がいるはずなので、必ず時間配分について事前に打ち合わせして頭に入れておいたほうがいいです。おろおろしてると時間は結構早く過ぎます。

シェアスタジオの利用について
複数組がスタジオ内にいて撮影している状態が半日~一日中続くので、レイヤーさんの話や希望も聞きつつ、どのあたりが混み合いそうか、またどんなスペースが作品イメージに合うか、など考えて一緒に撮影スケジュールを立てましょう。例えば教室イメージのスペース、和風イメージのスペースなどは作品によってまずないな~とか、絶対必要でしょ、とか全く異なるかと思います。まあ廃墟とか、白・黒ホリとかはどんな作品でも一応使えたりしますね。よほど撮影イメージとずれない限り、シェアスタジオ全体の撮影可能なスペースは一通りすべて下見し、それぞれ広さや光の当たり方、構図の取り方などをチェックしておきましょう。

結構忘れがちなチェックポイントとして、天井の色と高さがあります。シェアスタジオのシチュエーション別スペースでは、ストロボで天井バウンスさせた光が天井の色に影響されることや、そもそも天井が高すぎてバウンスがかなり弱まって感じられるということがあります。


注意事項や利用規約はかならず読んでおく
コスプレイベントやシェアスタジオなどは入場時にめっちゃ細かい字の書かれた利用規約の紙を渡されます。レンタルスタジオは概ねHPに注意事項や利用規約が載っています。めんどくさいですがまじめに読んでおきましょう。知らなくて起こしてしまうトラブルは極力避けましょう。
例えば、白ホリ保護のためスタンドの足には必ずカバーをつけて置く必要のあるスタジオや、特定の場所の撮影やスタンド立てを禁止されているイベントがあります。

あらかじめご飯を買っておく、ついでに撮影場所近くのコンビニや100均を把握しとくと便利
終日や昼間の撮影の場合、お昼ご飯は短時間で済ませることが多いです。行きにコンビニでご飯や飲み物を買っておきましょう。保管に冷蔵庫がいらず、食べるときに周りが汚れないおにぎりやパン、ペットボトル飲料がおすすめです。またイベントやスタジオによっては、飲食可能な場所があらかじめ決まっている場合もあります。
レイヤーさんの急な買い物を代行する場合(着替えてから○○がない!困った!このまま外に出れない!てことがあります、できる範囲で協力しましょう)とか、自分の急な買い物が突発的に発生することがあるので、撮影場所の最寄りのコンビニや百均の場所はできれば把握しておくといいです。

最初に撮影画像サイズ、ファイル形式、送付期日、手段は確認しておく
RAWとJPEGのどちらで撮るか、いつまでのどの状態のデータを送るかは最初になるべく打ち合わせましょう。私はRAWとJPEG両方記録しておいて、全データJPEG+自分でピックアップした数点をRAW現像したJPEGを追加しお送りすることが多いです。もちろんRAWも希望を聞きつつお送りします。
途中、明らかなミスショットやテストショットであっても、画像のファイル名の連番が途中で抜けてるとちょっともらった側が不安になるかなと思うので、私は全データまとめてお渡しすることにしています。送付にはギガファイル便をよく使います。

データ送付期限については平均すると2週間以内が目安かなと思うんですが、もっと長く待てる、そんなに待てないという方など個人によってありますし、キャラクターの誕生日や記念日に撮影画像を発表したいなどの理由などでもっと短期必着の場合もあると思います。

レイヤーさんで撮影データはいらない!どうでもいい!という方はまずいらっしゃらないかなーと思うので、この辺りはしっかり認識を合わせておきましょう。私自身はこれまでトラブルはないですが、周囲で見聞きするカメラマンさんとレイヤーさんのトラブル原因の多くは画像受け渡しの期日についてである印象があります。

さて、撮影を始めてから

イメージを確認しながら進める、色味と露出のこだわりを聞く
撮りたい内容がぼんやりとしている場合、色温度や露出、被写界深度を調整しつつ、互いにイメージを合わせていきましょう。特にカメラマンの立場からだと、色温度設定は基本人の目の印象により近くするのが当たり前と思い込んでいる節があると思います。(ていうか私がそうでした)でも、キャラクターによっては人の目の印象より青みに寄せて人工的な感じの写真にしたい、っていう要望のあるレイヤーさんもいらっしゃいます。こちらが撮った写真にレイヤーさんが納得されていない場合、色温度についても確認してみるといいと思います。もちろんケルビン値ではなく色味で聞きましょう。

露出と被写界深度は言うまでもないですが、作品やシチュエーションによっていろいろですね。
2人以上の場合、その場の明るさなどの都合でどうしても全員に要望通りにピントが合わせにくい場合などもあると思います。ポージングや立ち位置、構図含めて相談しつつ進めましょう。

大体の場合HN・CNは撮影中わかんなくなっちゃう
当然一応互いに自己紹介を初めにすると思います。ですが正直、3人以上の撮影の場合は特に、着替え前後で印象が変わりすぎてレイヤーさんの個人識別がわかんなくなっちゃうことが多いです。概ね、改めて聞いても皆さま広い心で答えてくださいますし、むしろ撮影中はキャラ名で呼んでも大丈夫な感じの方が多いです。なので逆に、キャラクター名がはっきりわからないまま撮影に臨むのはやめたほうがいいです。
ちなみに以前はいろいろな種類のコスプレ写真を使った名刺をレイヤーさんが作られていて、コスプレイヤーアーカイブツイッターのアカウントなどの連絡先の交換をするために受け渡しすることもありましたが、最近はあまり見かけません。別にそもそも決まりがあるわけではないと思いますが、名刺文化自体が廃れてきているとの噂です。

最悪リサイズはできるので、よくわかんないときは広め構図パンフォーカスでとっとくのも手
非常に最悪なテクニックですが、構図が本当によくわからないときは引きでなるべく絞って撮っておく保険をかけておくことが私はあります。特にパーティなどの場面とか、作業途中などの自然な感じを撮りたいって場合などです。シャッターチャンスを逃しても、自然な感じをもう一回リクエストするのは酷なので、引きで撮ってあとでゆっくりトリミングしてお渡しする手もあります…。

衣装とかメイクとか、キャラクターの好きなところとか、絶対レイヤーさんにこだわりはあるのでそれを聞きつつ撮影していく
衣装自作をされる方も多く、また作品愛やもちろんキャラクター愛、シチュエーション愛があってコスプレをされている方が多いので、その方なりのそのキャラクターや衣装、撮影場所へのプラスのこだわりがあると思います。あるいは、この部分は隠したい、ここは納得がいっていないといった形のこだわりの場合もあります(女性の男装の場合など)そういった部分を聞き取りつつ、そのコスプレに込められた意図を汲み取って撮影できると、より良い撮影になるかと思います。

二次元美少年、女性の男装について撮影のポイント
基本的なポートレートの原則(背筋をしゃんと伸ばしてもらう、立ちポーズの場合足の甲を片方正面に向けてもらうなど)の細々した知識は使えるのですが、とはいえ男装なので女性ポートレート作例によくある曲線を意識したポージングや構図のとり方をしてもあまり意味がないです。かといって、男性ポートレートの作例にある顔の印影をめちゃくちゃ渋くドラマチックに出す、といった画面は、乙女ゲーやアイドル系などのキャラクターの男装の場合は多くは求められていないです。
また、コスプレメイクの定番として、目尻と耳の間やこめかみのあたりにテーピングを入れたり、あご周りに強めのシェーディングを入れる方が多いです。それらがばっちり映り込んでしまうとかなり画面が不自然になってしまうので、真横などから撮るのはやや難易度が高いです。
二次元美少年の仕上がりを目指す場合、トータルとしては顔は正面~やや斜めから、画面は明るめ、身体や顔のラインの丸みを見せないようにりりしく撮る女性ポートレート、という感じです。より男性ぽく寄せるというより、中性的な印象が出せれば良いかと思います。
身体に沿わせる肘を曲げないようにしてもらうとか、あごの角度をいくつか研究してベストをさがすなど、より直線的、中性的な印象を出すために工夫できるところは色々あると思います。
私は概ね、肩を意識的にカメラに対して正面に向けてもらってやや広く見せたり、あごの引き具合や肩周りの姿勢についてこまめに声をかけつつ撮っています。

撮るタイミングは必ず声をかける
チーズ!でもハイ!でも321!でもいいので、撮るタイミングは必ず声をかけましょう。あと結構頻繁に画像確認をしてもらうとより良いかと思います。逆の立場として、どんな風に写ってるかは必ず心配になると思いますので。
さすがにカメラマン側で注意が回りきらないこともありますが、前髪のかかり具合とか衣装の細かな乱れなど、チェックしながら撮れるといいです。

撮影終了後

忘れ物マジ注意
普段より細かい荷物がめちゃくちゃ多いと思うので、忘れ物注意です。外したレンズは特に存在を忘れやすいです。

アフターもお付き合いできればする
撮影のあとの打ち上げ的なアフターと言われるご飯会などがある場合もあります。ご一緒できる場合は行ってみましょう。別の撮影のご縁につながったりすることもあります。大体ファミレスが多いです。

写真の掲載について

近年はスマホの画像アプリでの肌や髪の加工が手軽になったので、撮ってそのままや、レタッチを入れないRAW現像だけでの発表をよしとしないレイヤーさんが多いです。カメラマン側としては逆に階調表現が減ってもったいなくね?て感じに思うこともありますが、まあ趣味のことなので、しっかり肌加工をしてからでないと発表したくない!というレイヤーさん側の主義はちゃんと尊重しましょう。ほかにも発表時の名前の表記など、確認すべきところはちゃんと確認してから発表しましょう。

おわりに

ざっとこんな感じです。機材や当日の段取りなど、もちろん人により色々あると思うので、これが絶対!というわけでは全くないのですが、全然わからない状態の方の助けになれば幸いです。

今回具体的に撮影内容についてはあまり触れていませんが、撮影のハウツーや構図のとり方については以下が参考になります。

「写真構図のルールブック」

「デジカメで人物を上手く撮る見本帳」

「クリップオンストロボ 本格ライティング ~オフカメラストロボ撮影を基礎から学ぶ」

ポートレートの基本、カメラの扱い方の基本はもちろん覚えておいて損はないかと思います。

それでは、良いカメラマンライフを!

札束マフラーを作ったよ、の話

ころとろだ。今日は趣味の工作、札束マフラーの話だよ。

札束マフラーとは

豪華な札束をマフラーにしたもの!ごらんの通りバブリー&ゴージャス!

金ならある!首回りに!


なぜ作ったか

このブログでは毎度おなじみKING OF PRISMのイベントの参戦服として、超セレブキャラ、十王院カケルくんにちなんで札束モチーフを身にまといたくなり、制作することとした。結構迫力の出来になった!


制作の過程

まず、札束を一面に敷き詰めたデータをイラストレータで作成。イギリスに工場があるらしいコントラードという会社に、切りっぱなしでもほつれないフリース地への片面印刷を依頼。

納品された布。札や~!

縫い付け用の余白を含めて二枚ずつ切り離し、両面糊の接着芯を挟んでアイロンかけ。両面の札ができた!

さらに、札に近い色の15mm幅リボンを用意。

垂らしたリボンに対して直角に札の余白を縫い付けた。

最初はリボンに平行に縫い付けたんだけど、ふわーっと札が広がる感じにするには直角の方が良かったよ。

実際に着用してイベントに行った

ほかにオレンジフラミンゴのTシャツワンピと、公式グッズの十王院カケルくん靴下ほかと組み合わせてコーディネート。写真に謎に躍動感がある。後ろにあるイラストパネルが十王院カケルくんです。

 

実際にKING OF PRISM のイベントにこの札束マフラーを着けて行ったところ。札束が風にはためいている。

札束マフラー、なかなか好評だった!

お友達のほか、知らない人5人くらいにも会場で声をかけられたりして、いろいろと出会いもあった。十王院カケルくん推しを十二分にアピールできたかと思う。
楽しかったし、他の展開可能性も考えられる工作になった。

 

そんな感じ!